A・SA・YA・KE

A・SA・YA・KE 短編小説

【あらすじ】

今日は金曜日。あと10分で今週も仕事から解放される。
そう思っていたその時、健介のもとに部下が現れ、泣きついてくる。
仕方なく部下の願いを聞き入れ、代わりを買って出るが
実は、健介自身にも
このあと、恋人の沙織との大事な「約束」があって・・・

本編はこちらからどうぞ

【雑記】

この作品を書こうとした時
まず、細かいストーリーよりも先に
朝焼けの中を並んで歩く二人の姿が思い浮かびました。
ちょっと気の強い女性に振り回される優しい男性
この設定が私のお気に入りなんですよねぇ。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました